Dim MyArray
MyArray = Range("A1:B100")
・・・処理・・・
Range("A1:B100") = MyArray

変数MyArrayは、データ型を指定していませんので、Variant型になっています。
MyArray = Range("A1:B100")
これで、MyArrayは配列になります。
MyArray(1 To 100, 1 To 2)
このような配列です。
LBoundは1になる点を注意して下さい。

Range("A1:B100") = MyArray
これで、配列の中の値が全てセル範囲に一括で出力する事が出来ます。
セル範囲⇔配列の基本VBA
Tagged on: